オリヴィア・ロドリゴはなぜ人気?かわいいから?3つの理由を紹介

今回はオリヴィア・ロドリゴについて口コミや評判を調査しました。

目次
スポンサーリンク

そもそもオリヴィア・ロドリゴってどんな人?

オリヴィア・ロドリゴは、アメリカ出身の歌手兼女優です。

2003年生まれの次世代スーパーアーティストとして注目されています。

グローバルヒットチャートにも名をあげ、海外で今人気の高いアーティストの1人。

4歳の頃から音楽教室でレッスンを始め、小学生の頃には作詞作曲をしていました。

同時に6歳から演劇も始め、13歳の頃ディスニーチャンネルで女優デビュー。

デビュー曲は17歳の時、「drivers license(ドライバーズライセンス)」で全世界の再生回数が10億回突破している人気曲です。

音楽サイトSpotifyのGlobal週間再生数歴代1位、史上最速の1億再生突破1位も獲得しています。

幼少時からボーカルレッスンに通っているためか、歌唱力の高さは世界中が認めている歌姫です。

2024年現在、デビューしてから3年余りですがトップに君臨するのも近いでしょう。

スポンサーリンク

オリヴィア・ロドリゴが人気な理由とは?

オリヴィア・ロドリゴが人気の理由をまとめました。

1.歌唱力のすごさ

2.魅力のある作詞作曲

3.10代の若さと期待

理由1:歌唱力のすごさ

まず1つ目は、歌唱力のすごさです。

幼少時からボーカルレッスンに通っていたこともあってか、歌唱力の高さが世界中に支持されています。

世の中、ボーカルレッスンをしている人は数多くいるので、これほどまでに注目されるのはオリヴィア・ロドリゴの実力が高いからでしょう。

独特な声でありながら、優しさが飽和する歌い方で、さらにパワーも兼ね備えているボーカル力です。

13歳でディスニーチャンネルに出演し、「ハイスクール・ミュージカル」の主役に抜擢されるというのは、ディスニーから歌唱力を認められたと言っても過言ではありません。

その後デビューシングルでは、Spotifyのデイリー再生回数、全英・全米両チャート初登場1位、史上最速1億再生回数と記録を塗り替えたのは新人アーティストとして前代未聞。

しかも、「1曲で」です。

1stアルバムもリリースしており、「2021年世界で最も再生されたアルバム 1位」に輝きました。

無名のアーティストが一気に名を挙げた理由は、「TikTok」の影響力が大きいです。

ただ、バズったことで一時的に有名にはなれますが、これほどまでに人気が集まるのは「魅力がつまったアーティスト」だからということが分かりますね。

スポンサーリンク

理由2:魅力のある作詞作曲

2つ目は、作詞と作曲の魅力です。

オリヴィア・ロドリゴは、テイラーファンと語っており、そのテイラースウィフトにSNS上で祝福されたことで話題になっています。

Z世代の共感を得るような恋愛ソング + コロナ禍だからこそ響く作詞が、一気に支持を得たのでしょう。

彼女のこだわりがふんだんに盛り込まれていることも、インタビューで分かっています。

──曲のタイトル(「drivers license」)にアポストロフィー「’」が欠けていると指摘する声もありますが、これは意図的なものですか?

もちろんわざとです(笑)! ほかにも歌詞中に、「I’ve never felt this way for no one(これまで誰にもこんな気持ちになったことはない)」と、あえて二重否定を入れたりしていますが、文法的には完全に誤りです。この歌詞は、とても混沌としているんです。

引用先:VOGUE

心の内をありのままに表現したことで生まれた歌詞だそうで、そこに複雑な思いなど共鳴を生んで今度も人気が上がりそうです。

幼少時からピアノに触れ、ギターも始めています。

楽曲は、フィオナ・アップルやフィービー・ブリジャースの影響を受けたそうですが、最も影響を受けたのはテイラー・スウィフトだそうです。

オリヴィア・ロドリゴの潜在能力が高いこともあって、作詞はもちろん、曲ともマッチしていることが人気の理由でしょう。

理由3:若さに期待

最後に、10代という若さでのデビューです。

日本でいうと、正体不明でありながら現役高校生でデビューし、瞬く間に人気急上昇した「Ado」のような存在とも言えるでしょう。

オリヴィア・ロドリゴは、17歳でデビューし世界の記録を塗りかえた前代未聞の記録を叩きだし、今後の活躍にも期待がかかっています。

Z世代からはもちろん、30代40代と年齢を問わない支持があるのも人気の理由です。

ハイクオリティに仕上がった楽曲で、勢いはまだまだこれからではないかとも言われています。

オリヴィア・ロドリゴは、インタビューで女優も視野に入っている可能性あるのが分かりました。

GQ : いまも俳優としてのキャリアを進めたいと思っていますか?

ロドリゴ : 分からないです。次の5年、10年で自分のキャリアがどうなってるか、全然分からないので。いまは両方やれていることをありがたいと思っています。自分が本当に一生懸命になれるプロジェクトを見つけて曲を書くことが大事になってくると思います。

引用先:GQ

演技をしながら、それを曲として表現することに繋げたいとしています。

映画やドラマという演技ではなく、ミュージカルでの活躍で人気を集めそうですね。

あどけないルックスで、成長段階のオリヴィア・ロドリゴに期待がかかります。

まだまだたくさんの経験をすることで、バージョンアップした曲が次々にできるのも楽しみです。

※Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次