Cruel Summerはなぜ人気?2つの理由とは?10億回以上も再生されるほど注目の楽曲

el Summer(クルーエル サマー)とは、テイラー・スウィフトが2019年にリリースしたアルバムに収録されている曲です。

7枚目になる「Lover(ラヴァー)」から最新シングルとして登場しました。

タイトルを和訳すると「残酷な夏」です。

テイラー・スウィフトと因縁の仲でもあるカニエ・ウェストが揉めた夏を想起されますが、歌詞の内容はラブソング。

2019年9月には2週にわたって米ビルボード・ソング・チャート「Hot 100」入りしており、2023年6月3日付でランクイン返り咲きしています。

2023年9月3日時点では、Spotifyで10億回再生を突破しました。

複雑な乙女心を歌っているので、女性は共感できる曲でしょう。

目次
スポンサーリンク

Cruel Summerが人気な理由とは?

Cruel Summerが人気の理由をまとめました。

1.メロディと歌詞のバランスいいため

2.約4年待ち続けたお気に入りの曲のため

Cruel Summerが人気の理由1:メロディと歌詞のバランスいいため

Cruel Summerは、陽気なメロディで夏を想起させるリズムですが、そんなテンポとは反対に歌詞はとても複雑な心境で描かれています。

実際に、テイラー・スウィフトが経験したひと夏の恋をテーマに作られた曲。

ダメな相手と分かっていても、相手が欲しいという欲望が抑えきれない気持ちで、代償を払ってまで危ない関係を進めるべきか…

最後まで白黒はっきりつかない、乙女心を上手に描かれたラブソングです。

失恋を応援する曲としても人気が高いため、女性に限らず男性も聞き入ってしまいます。

そんな悲し気な曲にも関わらず、メロディが軽やか。

バランスがとてもよく、音楽評論家やファンからも高評価を得ている素晴らしい楽曲です。

スポンサーリンク

Cruel Summerが人気の理由2:約4年待ち続けたお気に入りの曲のため

2つ目は、テイラー・スウィフト自身もお気に入りの自慢の曲であることです。

アルバムに収録されてから、ファンの間でも人気が高く誰もが2020年ツアーに合わせてリリースされるだろうと予想していました。

アルバムが販売されたのが、秋頃ということもあり「残酷な夏」に合うタイミングから少し離れていました。

翌2020年ツアーで、テイラー・スウィフト自身もシングルとしてリリース予定としていたところ、2020年夏に新型コロナによるパンデミックが発生。

予定のツアーも中止となり、リリースされるという話もキャンセルされたのです。

2023年3月にツアーを開始、このツアーでCruel Summerを披露したことがきっかけで再生数が急上昇しました。

そして、正式なシングルリリースとして発表されています。

「世界的なパンデミックが起きたことを責めるつもりはないけれど、でも、Cruel Summerがシングルとしてリリースされるのを止めるような出来事でした」

と説明し、リリース決定までの心境も複雑だったことが分かりますね。

スポンサーリンク

テイラー・スウィフトの良い口コミ1:性格がよくファンも親友

テイラー・スウィフトの性格が悪いという噂もありますが、ファンを大切にするアーティストの1人として有名です。

例えば、ファンの結婚前のパーティに出席したり、ファンの奨学金の返済の協力、コンサート後のファンサービス「T-Party」を開いたりしています。

プレゼントを選ぶのが楽しいという理由で、SNS上でランダムに選んだファンにプレゼントを贈るというイベントも開催。

貴重な休みの日も、ファンの対応に時間を使い、交流を楽しんでいるというエピソードもありました。

テイラー・スウィフトは、争いごとが嫌いな性格とあって、人とぶつかることをできるだけ避けている代わりに、曲にして音楽で表現しているそうです。

10代から音楽活動をしていることもあって、音楽の方が自分をさらけ出しやすいのかもしれませんね。

2011年3月11日、東日本大震災の際にはメッセージを添え、2012年のアルバムに収録された「The Story Of Us」のデジタル・セールスの売り上げを被災地に全額寄付しています。

病気の子供たちを元気づけるために、小児病院を訪問をしたこともあり、癌を患う12歳の少女の「スウィフトと話す」という夢も実現させました。

ファン1人1人が親友のように接してきたかたこそ、世界の歌姫へと成長したのでしょう

スポンサーリンク

テイラー・スウィフトの良い口コミ2:音楽家としての才能がある

テイラー・スウィフトの歌声やルックスに魅了されてファンになった人も多くいると思います。

そのためか、「テイラー・スウィフトは曲を作っていない」という噂まで流れたほどです。

実際は、中学生の頃から曲作りに没頭し、デビュー前には200曲近く仕上がっていたと言われています。

歌手は、顔だけでは売れません。

モデルをしてただけあって、スタイルも美貌もあるテイラー・スウィフトですが、歌手に集中したいとモデルを止めています。

近年では歌姫と言われるほど、歌唱力の高い人も多く出現しています。

星の数ほどいるアーティストのトップクラスに立っているくらいですので、+αの「音楽の才能」を兼ね備えている事が分かりますね。

テイラー・スウィフトの才能が開花したのは、幼少時4歳頃の時です。

映画の挿入歌を1度聴いただけで、最初から最後まで完璧に歌い上げたというエピソードがありました。

9歳の頃にはミュージカルに興味を持って基礎を整え、10歳から作詞を始め、12歳からギターを抱えてきたそうです。

歌唱力、カリスマ性、容姿すべて人気が高い理由と比例していますね。

ちなみに、祖母が有名なオペラ歌手だったことから、音楽の才能は祖母の遺伝では?と言われています。

スポンサーリンク

Cruel Summerはどんな人に向いている?

Cruel Summerは、恋愛や失恋を多く経験している人に聞いて欲しい曲です。

陽気なリズムだけど、歌詞は複雑な心境を歌うラブソング。

4年越しのリリース実現で、待ちに待った人も多くいます。

既に10億回再生数を突破していますが、今後まだまだ注目が上がるにつれ記録を伸ばしそうですね。

Cruel Summerはテイラー・スウィフト自身、好きな歌なので思い入れもきっと強いと思います。

テイラー・スウィフトの歌唱力と、表現力、音楽性の高さがすべて感じ取れるでしょう。

※Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次