チェットベーカリーの閉店理由は?アンチェインドベーカリーも移転復活後に閉店?背景を調査

北海道で多くの人に愛された「チェットベーカリー」と「アンチェインドベーカリー」が相次いで閉店しました。

その閉店理由や背景を深掘りし、さらには復活のストーリーまで詳しくお伝えします。

パン屋の挑戦と再生の物語を通して、地域とのつながりの大切さを感じてください。

目次
スポンサーリンク

チェットベーカリー(江別市)閉店理由を考察

江別市で人気を誇ったチェットベーカリーですが、いくつかの深刻な理由から2014年6月に閉店に至った可能性があります。

原料の高騰

近年、パンの原料となる小麦やバターなどの価格が急激に上昇しました。

特にチェットベーカリーが使用していた高品質な北海道産の小麦や乳製品は、需要の増加により価格が高騰した可能性があります。

この原料の高騰が、チェットベーカリーの経営に大きな負担をかけたと考えられます。

経営者は、原料費の上昇をカバーするために価格を上げるなどの対策を試みたものの、顧客離れを引き起こしたのかもしれません。

結果的に、原料費の負担が限界に達し、閉店せざるを得ない状況に追い込まれたと考えられます。

パン屋さんだけではなくラーメン店もかなり苦しい(現在進行形)だと思います。

スポンサーリンク

スタッフ不足

スタッフの確保も大きな問題だったのかもしれません。

パン作りには専門的な技術が必要で、即戦力となる人材を見つけるのは容易ではなかったと考えられます。

特に地元での人手不足が深刻で、チェットベーカリーもその影響を受けた可能性があります。

求人を出しても応募が少なく、採用しても長続きしない状況が続いたのかもしれません。

これが店舗運営に大きな支障をきたし、閉店に至った要因の一つだと思われます。

スポンサーリンク

移転復活したアンチェインドベーカリー(札幌市西区)も閉店【理由を考察】

一度は札幌市西区に移転し、再開したアンチェインドベーカリーですが、2023年10月に再び閉店することになった背景にはいくつかの重要な要因があったと考えられます。

交通の利便性が悪い

新しい店舗は札幌市西区の住宅街に位置していましたが、交通の便が良くなかった可能性があります。

最寄りの駅(宮の沢駅)から徒歩5以上かかり、公共交通機関を利用するお客さんにとっては不便だったのかもしれません。

流石に車で行く人が多かったとは思いますが。。

ただ、車を持たない若い世代や高齢者にとって、このアクセスの悪さが大きな障害となった可能性があります。

交通の利便性が悪いため、平日の集客が難しく、売上が予想以上に低迷したのだと思われます。

固定客の減少

移転後、新しい地域での固定客の獲得には時間がかかった可能性があります。

以前の場所での常連客は、新しい場所まで足を運ぶのが難しくなったのかもしれません。

その結果、売上が安定せず、店舗運営に大きな影響が出たと考えられます。

新しい地域での顧客基盤を築く前に、資金繰りが厳しくなったため、再び閉店することになったのだと思われます。

経営方針の見直し

アンチェインドベーカリーの経営者は、新しい場所での経営方針を見直す必要があったのかもしれません。

移転に伴う経費の増加や、新しい市場での戦略を再考する必要があったと考えられます。

商品ラインナップや価格設定、マーケティング戦略など、多くの課題に直面した可能性があります。

これらの見直しに時間と労力を要し、その間に店舗の運営が厳しくなったのだと思われます。

最終的には、これらの課題を解決できず、閉店に至ったと考えられます。

スポンサーリンク

アンチェインドベーカリー付近の美味しいパン屋を紹介

アンチェインドベーカリーの閉店は多くのパン好きにとって残念なニュースですが、札幌市西区宮の沢にはまだ美味しいパン屋がたくさんあります。

その中でも特におすすめのパン屋を2つ紹介します。

1. パン ド ラボラトリー アッシュ

(出典:公式Facebook

「パン ド ラボラトリー アッシュ」は、地元で非常に人気のあるパン屋です。

住所は、〒063-0062 北海道札幌市西区西町南20丁目1-2です。

このパン屋は、こだわりの素材を使い、丁寧に焼き上げられたパンが自慢です。

特におすすめなのは、「ベーコンエピ」と「サツマイモのリュスティック」です。

ベーコンエピは、カリっと硬めのクラストとモチっとしたクラムが特徴で、大きめサイズでベーコンもたっぷり。少し塩気は強めですが、満足感のあるエピです。

サツマイモのリュスティックは、ほどよいしっとり感にサツマイモの優しい甘さが新鮮なソフトパンで、黒胡麻がいいアクセントになっています。あっさりとしたおやつパンにぴったりです。

店内はモダンで清潔感があり、スタッフも親切で気持ちよく買い物ができます。

地元の人々に愛される理由がよくわかります。

  • 住所: 札幌市西区西町南20丁目1−2
  • アクセス: 地下鉄宮の沢駅から700m(徒歩7〜10分ほど)
  • TEL: 011-213-8655
  • 営業時間: 11:00~19:00
  • 定休日: 日,月曜日
  • 店の前に駐車可能(1、2台)

2. ブーランジェリー パザパ

「ブーランジェリー パザパ」は、美味しいパンと共にコーヒーも楽しめるパン屋です。

住所は、〒063-0062 北海道札幌市西区西町南7丁目1-21です。

このお店は、素材の良さを生かしたシンプルで美味しいパンを提供しています。

特に人気なのは、「明太子フランス」と「クロワッサン」です。

明太子フランスは、表面がパリパリなフランスパンの中にクリーミーな明太子がたっぷり詰まっており、刻み海苔が良いアクセントになっています。

クロワッサンは、サクサクの外側としっとりした内側が絶妙なバランスで、バターの香りが豊か。

食べるたびにその美味しさに驚くことでしょう。

店内にはカフェスペースもあり、焼きたてのパンと一緒に淹れたてのコーヒーを楽しむことができます。朝食やランチにぴったりのスポットです。

  • 住所: 〒063-0062 北海道札幌市西区西町南7丁目1-21
  • アクセス: 地下鉄発寒南駅から徒歩3〜5分ほど
  • 営業時間: 10:00~17:00
  • 定休日: 月、火曜日

アンチェインドベーカリーが閉店してしまったのは残念ですが、宮の沢エリアには他にも素晴らしいパン屋がたくさんあります。

ぜひ、「パン ド ラボラトリー アッシュ」と「ブーランジェリー パザパ」を訪れて、美味しいパンを楽しんでください。

※Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次